zsupohs

るんるんりる

なぜオタクは絵の練習に差し当たって、女学生の制服姿から描き始めるのか。

即ち、ここでいうオタクとは狭義の意味におけるアニメオタクを指しており、アニメオタクは学生や、学生でなくともティーネイジャーが主人公のアニメを愛好する傾向にあるから、絵の模範として必然的にそうした主人公を選定する故に、また、アニメオタクは男性が多くを占める為、性的愛好という見地からも、女学生の制服姿から多く描き始めると推測される。 

以下は、その具体例として、そうした一個のオタクによる、類型的な絵の練習過程の一部を公開するものである。

 

f:id:zsupohs_aroma:20170610010613j:plain

 

f:id:zsupohs_aroma:20170610010624j:plain

今週の絵の進捗です。

なんか絵日記みたいになってきました。 

お手手の練習も頑張るぞい。

絵を描いている間は疎外されているという感覚が消失することに気づいたから、絵の練習ばっかしてしまう……。

 

仕事について絶望的な話を書こうと思ったけど、やめます。

 

人生

絵の練習とBLAME!

 

 BLAME!観てからまた絵の練習始めました。

 

人物デッサン?とかいうやつです。

難しいですけど、上手い人の絵を模写して、どうしてこう描いてるのかを考えながら模写して、それから自分なりに描いていくのがいいのかなと思って練習してます。

しかし難しいですね〜〜〜二の腕が程よい太さにならないし、なんか異常にガタイがよくなったり、上比下貧になったりするので、バランスよく描くには地道に練習するしかないですね。でもすぐ飽きるかもしれません。

 

BLAME!も劇場版を観た後に原作も購入し、ただいま新装版3巻目を読み始めようと思ってます。謎はますます深まるばかり。この先これらの謎がどう解明されていくのでしょうか〜〜〜〜!?

 

BLAME!観てきました

f:id:zsupohs_aroma:20170623215545j:image

 

今日、稀代のハードSFアクション漫画『BLAME!』の劇場版を観てきました。

 

BLAME!』原作はおろか、『AKIRA』も『攻殻機動隊』も読んだことないんですが、かつて栄華を誇った人類の没落期、無限に続く都市空間、跳梁跋扈する不可解な生物?、古代文明の遺産……ワクワクする世界観でしたね。

 

原作もとりあえず買って読んでます。

人生の楽しみができました。

 

原作未読としては、マイルドな仕上がりで分かりやすいシナリオにしたのかなあと思いました。原作のボリューム感は知らないのですが、映画2時間でまとめるには、相応で十分に見応えのある舞台という感じでした。

アクションシーンも、なんかすごかったですしね。

 

同じような系統の、『ErgoProxy』も前々から観てみたいなと思っていたのですが、『BLAME!』を読んだ後に観てみようと思います。

 

 今日、せっかくなら爆音上映でと、早起きして、せっせと立川まで遠出して映画観て、人混みの中本買ってと、色々行動したせいか、死ぬほど疲れてへばってしまったのですが、いい一日になったと思います。

人間限界

f:id:zsupohs_aroma:20170623215451j:image

 

もお〜〜〜〜〜〜マジ無理なんですよね。精神的にも身体的にも。

なんか異様に疲れるし。

同年代の人間も同じくらい疲れてるんですかね、どうなんですかね。

同年代に知り合いがいないんでわかりません。

ほんと〜〜〜〜に疲れる。全身的倦怠感。あと胸に違和感がある。なんすかこれ。

頭がジワジワしてます。いつも不安と焦慮がある感じです。

休日は脳がシュルシュルと萎んでいくような、

なんか脳の重要そうな部分が死んでいってる感じします。

 

 

無理。

他の人間がこのような苦悩にどのように対処しているかを知りたいです。

教えてくれる人はskypeで連絡してください。

いや冗談でなく。

実際のところ人間とほとんど会話しないことが、脳の萎縮感を招いてる気もするのです。

 

ところで。

TWEEDEESというクッソオシャレなバンドの『月の女王と眠たいテーブルクロス』。

最高にポップでキャッチーで素晴らしいですね。

『ブリキの思い出』もホロリと波が出ました。わたし、ぬいぐるみ愛好家なので。

 

上のアライさん。

どなたかのコラなのか存じ上げませんが、とても可愛いのではりました。

 

こういう行間スカスカの文章は個人的にあまり好きじゃないんですが、脳が限界なんでこんな感じでしか書けません。どうせびっしり書いても誰も読まないしね。

 

アイドルタイムプリパラ

素晴らしいですね。

夢川ゆいという、これまでのキャラクターに匹敵する、それどころか上回るような個性を持つキャラクターを生み出すなんて、すごいわね(賞賛)。

イーロマンガ先生。

内容は月並みなラノベって感じで、新規性がないように感じますが、OPEDガトテモナゴミマスネ。優しい世界。

金曜夜から土曜朝までの間で、プリパラを観ようかな観ようかなって考えてる間だけメッチャニコニコしてます。

 

近況、現実的にどう生きていったら良いんだろうか、ささやかな楽しみを持ちつつ生きるのって難しいな、って考えながら生活してます。

境遇を嘆いてもどうしようもないが、嘆かざるを得ない

 今日はとても好い天気だから、部屋にこもってコーヒーを飲みながら音楽を聴いています。

続きを読む

バイオハザードがこわくてなかなか進まない

最高のツイッターとは、ツイッターをしないことだ。

まねぴよがかわいい

 

まねっこシリーズ?まねぴよ

まねっこシリーズ?まねぴよ

 

 別に業者の宣伝じゃないですが。

この、まねぴよというオモチャが大変かわいい。話しかけると、ピョコピョコ動きながら1オクターブ以上の音(適当)で自分の声を復唱してくれるのだ。

復唱してくれる時間はおおよそ5〜10秒くらいで(たまに10秒以上長々と復唱してくれることがあるが)、精度も、こちらがはっきりと喋ればそれなりに真似してくれるが、途中で途切れてしまうことが多々ある。ボソボソ声にはほとんど反応しない。

ただ、たまに「ピャ」だか「ブ」だか謎の効果音を発したり、突然無言でウィンウィンウィンウィン動き始めたりするので眺めていて飽きない。とてもかわいい。

話し相手がいない人にオススメである。対象年齢は6歳以上とのことで、この文章を読める人間ならまず問題ない。

 

以上。