zsupohs

るんるんりる

the pillowsとPink Floydと。

 これは私見であるが、ネクラな人間の多くはthe pillowsが好きである。かくいう私も好きである。社会の鼻つまみ者にとっては歌詞の聴き心地が特に良い。作詞担当の山中さわおがネクラとは正反対の人間であるのに、どうしてこうもネクラの心を動かす歌詞が書けるのか、不思議なことである。

 好きな歌詞について書くのは大変恥しい行為であると思われるが、好きなんだからしょうがない。the pillowsの歌詞について触れるとすると、彼らの歌詞には常に孤独がつきまとっているように感じられるのである。ニヒリズムの雰囲気が漂っていて、とても悲観的である。「希望がある」「頑張れば必ず報われる」といった嘘くさい綺麗事が一切なく、かといって激しく絶望している訳でもない。静かな絶望の中に吊るされているような、正負両端に積極的に振れる必要がないのが、安心するのであろう。ニヒリストを気取って一切の物事を醒めた目で見がちなネクラにとっては、熱くもなく、かといって必要以上に絶望的でないthe pillowsは、非常に魅力的に映るのではないか。

 以下も私見である。例えば彼らの代表曲『ストレンジカメレオン』の歌詞なんかは、孤独感を饒舌に表現している詩に他ならない。歌詞中に出てくる「君」とは何を指すのかという問題があるらしいが(ファンだとかメンバーだとか音楽性自体とか色々あるらしい)、絶対に「恋人」なんかではないのが大変ステキである。これをミスチルが歌うと量産的ラブソングになるからつまらない(別にミスチルが嫌いなわけじゃない)。自分の音楽性や志向性が周囲から理解されていないこと、ひいては精神的に孤絶していることに対する苦悩を書き表した素晴らしい詩である。まあ僕は質が悪いのでバンドやってる時点で孤独でもなんでもないじゃん、とか思うんだけど、バンドの実態と歌詞を切り離して考えると、魅力される詩だ。

 後は、

  • レッサーハムスターの憂鬱
  • ICE PICK
  • Robotman
  • Blues Drive Monster
  • Curly Rudy

なんかもネクラ受けがよいのではないか。『Blues Drive Monster』とかは青臭い疎外感をよく表している。

 ネクラな人間の多くはthe pillowsが好きと冒頭に述べたのは、ネクラ→アニメ好き→FLCLも好き→FLCLの挿入歌はthe pillowsの楽曲である→ネクラはthe pillowsが好き、という単純な連想も背景にあるのだが、以上のような彼らの楽曲の雰囲気も関係あるんじゃないかと思った次第である。

 ところで、似たようなもので、メンヘラの人間の多くはPink Floydが好きではないか、と私は思うんだけれど、あまりいなさそうである。絶対ウケると思うのに。