zsupohs

るんるんりる

独善的な文章を書きました。

 平日は「自分も今は出来損ないの無能だけど、まともに仕事していればいつか普通になれるんだ……」という妄想を信じてどうにかこうにかやっていくことはできるんですえけど、休日になると途端に現実に直面してしまい、もう辛くなって何もやる気がおきません。

 この停滞感をどう解消すればいいのかとんと見当も付きません。自分なりに独力でもがいてきましたが、このむなしさ、かなしさ、モノワビシサ……他人に相談しようとしても、友人はいませんから、結構前に、心療内科でカウンセリングを行っているところがあって、発達障害のことでカウンセリングを受けたいと伺ったら、精神科医に遠回しに拒否されました。私は愚かにも、アメリカみたいなカウンセリングを想像していたんですが、おそらく日本では、重度の精神病患者や人格障害者にしかカウンセリングの門扉は開かれていないようです。結構ひどく言われたので、相当ショックでした。

 さて、カウンセリングには罹れない。身内にも言えない。友人はいない。しかし辛いものは辛い。一人で耐えられうるものでは正直ないのです。どうするかなと思って、結局ネットで延々と毒を吐きまくるしかなく、それも一時的なストレス発散にはなるのですが、結局何も解決していないんで、逆に、自己嫌悪感から更にストレスが溜まるんですね。そうして厭な感情がどんどん溜まっていって、もう救いようのないほどドン底に人格が堕落したなと思っています。もともと人格が特別優れた方ではないんですが、せめて人格を磨いて精神くらい高潔であろうと昔は考えていました。もうムリです。貧すれば鈍すると言いますしね。第一、私が善人ぶっていた時は全て損する立ち回りでした。だからもう私は誰にも親切にしませんし、誰が死のうが心底どうでもいい。ニュースとかで「彼はいい人だった〜」とかありますが、もうああいうの、やめてほしいですね。いい人だろうが死ぬ時は死ぬし、いい人だから惜しいとか、反吐が出ますね。あんないい人が死ぬなら代わりにどうでもいい人が死ねばよかったのに、という思惑がミエミエで、非常に不愉快ですね。

 ただ、日常生活を送っているとそういう不愉快な綺麗事を得意顔で述べる阿呆が結構いるんですよね。新聞の記事や投稿欄、テレビ番組やインタビュー、ネットでも結構いますね。不愉快を避けようにも、テレビはとにかく、ネットを一切観ないというのもちょっとできかねますし、まあなるべく視界に入れないよう努力してるんですが、一度視界に入ってしまうと、感情が乱されてしまい、何もかも厭になります。

 これも精神科医の言葉同様、ずーっと引きずってるんですけど、twitterでも、お前の悩みは大したことないとハッキリ言われたことあるんですよね。その発言も結構精神的に来ましたね。twitterでちょっとやり取りして、あんたは精神病でも何でもない、普通だ、悩みは大したことない、だから頑張れという趣旨の言葉を言われたことがあります。私は精神病を自称したことは一度もなかったんですが、結構つらいですね。ずーっと覚えています。多分死ぬまで覚えていますね。不愉快な出来事として。

 自分は不愉快な出来事をずーっと覚えていまして、これはまあ誰しもそうかもしれませんが、突然思い出して心が乱されることがあります。20年以上生きてきて、溜まりに溜まった不愉快な出来事が、頻繁に心を苛みに来るのです。

 結局のところ、私は誰かに救われる立場ではない。一応、発達障害とは言われたんですが、そんなラベルは結局無意味だ。ちょっとやり取りしたくらいで相手の健康度を判定できる人間がネットにゴロゴロいるくらいですから、現実は況や。そんなラベルを使っても、でも○○だから大丈夫でしょ、本当の○○は☓☓だからあなたは違う、と十中八九言われます。

 人生は自分の足で立って生きていくのは当然です。ただ、こんな風に「人生は自分で決めるものだ」と得々と語る人で、孤独や孤立、疎外を経験したような人は殆ど見かけないように感じます。何かしら、例え一時的にでも、他者との経験がシッカリ蓄積されてるんですよね。その上で何もない人間に向かっていうもんですから、私は困ります。ごくたま〜に、孤独・孤立・疎外を超克した超人がいますが、そこいらの凡人を説教する為に引き合いに出すのは、とてもナンセンスなことなんですよね。

 だから私は惨めな一人暮らしをやめて、現時点で頼れるものは全て頼ろうと思ったのです。他人は私よりもずっと多くのものを頼みに生きているようですしね。誰かが言ってたんですが、「自立」とは、自分ひとりで生きていくのではなく、依存先を増やしていくことだ……というらしいです。異論はあるんでしょうが、私は納得しました。私は依存先を増やせないもんですから、ダメです。

 他人の助言はつまるところ、何となく運がよくてどうにかなった人間の戯言にすぎないので、取るに足りません。